アルゼンチン雑感。

<両替が難しい>
空港内に両替のできる場所が一か所しかない。しかも日本円からは両替できない。

ところが街では「両替、両替(カンビオ)」と声をかけてくる人多い。不思議?

<車内で突然歌う人多し>
列車の中で移動式のマイクスタンドまで立てミニコンサートをしている人に出会ってちょっと驚いた。。

‐<ミネラルウォーターの飲み口>
飲み口が小さくなるように中蓋が付いている。これは何故?

<エアコンあまり使わない>
美術館などで天井を回る扇風機や何十年も前の古い扇風機が活躍しているところを何度かみた。タクシーもあまりエアコンをつけていない。湿度がひくいからでしょうか。

<氷の形>
朝ホテルで朝食。ジュースの横に氷が置いてあるが氷がアイス・キューブではなく何故か手で砕いたようなものだった。気になる。

<エアコンから水が。。>
道路に面した室外機からよく水が落ちてきます。水の受け皿がないみたい。誰も気にしていないようですが。

<子供が夜更かし>
これは街中のゲームセンター。午後10:00です。小さい子がたくさんいます。みなシエスタで夜は強いのかな。

<大きなゴミ箱>
これはゴミ箱です。こういった大きなゴミ箱がいたるところにあります。ゴミの分別はしないで出しているのか聞いてみたら案の定「分別なんかしてないよ〜」とのこと。

<2輪車>
こういった移動手段が街にたくさん放置してあります。サラリーマンが時々乗っているのを見ましたがどういうシステムになっているのか不思議。

<自転車の宅配便?>
こんな自転車がやたらと走っています。たぶん書類やピザのデリバリーなんかと思いますが数が多い。

<120円のワイン?>
何これ。60ペセタ?

<地下鉄C線>
これが地下鉄C線。初めて乗りました。この列車は違うけど最近まで名古屋市から寄贈された車両が走っていたとのこと。日本の地下鉄史でアルゼンチンの地下鉄は重要らしい。

<電動キックボード>
昨日お知らせしたこの乗り物は2輪車でなく電動キックボードというそうです。クレジットカードで登録し、スマホのアプリで動かし乗り捨てみたい。何か未来的。気になる。

<バスの時刻表>
これはスマホのグーグルマップの画面です。今いるところと行きたいところを示すと、そこまでのバスの料金、かかる時間、次のバスの運行情報などが出てきて便利。日本より進んでいる感じがします。バス、地下鉄一回乗って40円くらい。安いですね。

<7月9日大通り>
これが世界で一番幅が広い道路。片側8車線。幅140m。同然歩行者は一回の信号では渡りきれません。私の故郷の名古屋には100m道路がありますが、たしかにそれより広いですね。

<高額紙幣がない>
まだアルゼンチンで見たことがありませんが、たぶん1000ペソが紙幣の最高額と思います。日常的には500ペソが高額紙幣として使われます。1ペソ2円換算で1000円。なぜ高額紙幣がないのでしょうか。結構不便です。そういえば昔韓国で生活していた時にも同じことを思いました。10000wonがほぼ 1000円でした。

<レストランで予約を取らない>
10日間で3回経験したのですが、予約の電話をするとテーブルがたくさん会いているので予約の必要はありませんと言われた。そうであってもとりあえず名前を聞いて予約を受け付けるのが普通の形だと思うのですが。不思議。

<何を運ぶカゴ?>
この自転車の前カゴには一体何を入れて運ぶの。

中身を入れて走っている自転車を見つけたらまたご報告しますね。

<con gas か sin gasか>
ミネラルウォーターにはcon gas(炭酸入り)と sin gas(炭酸なし)がある。どちらかを言う必要あり。この写真はcon gas。レストランではどちらを頼む人が多いのでしょうか? 以前イタリアではcon gasが多いと聞いたことがあります。

<この標識は何?>
初めて見た時何の意味かわからなかった。違法駐車取締りの係員が回ってくるのかと思ったりもしたが、地元の人に聞いたら近くに学校がありますとのことでした。

<犬が好き?>
街の至る所で犬を見かける。犬を散歩させている人はなんとなく余裕のある感じ。ブエノスに10日いるが猫はまだ見たことがない。犬の散歩をたぶん仕事としてしている人を見た。さしずめ犬の散歩アシスト業か。

<石畳の道>
ブエノス 市内には随所に古い石畳の道が残っている。これは昔 帆船の時代に欧州からアルゼンチンへの帰り船のバラストに使ったアドキン(玉石)を使ったもの。当時は囚人が敷設した。その後汽船に時代になってからはバラスト水を使ったのでアドキンはなくなった。これは亜日文化財団の高坂理事長からうかがったお話。

<宵っ張り>
夕食の始まる時間が遅い。お店の営業開始が20:00の店が結構多いのにはちょっと驚く。この店も日曜の夜撮影したが21:00ごろ満席。お客はその後もどんどん入ってきた。
たぶんシエスタと関係があるのだと思う。今の時代のシエスタ事情も知りたいものです。

<落書きが多い>
古い街並みを歩くと塀や壁に落書きが多い。あれは持ち主公認なのだろうか。アートから単なる落書きまでいろいろある。

<日本とアルゼンチンの初めて物語>
この本面白いです。日本庭園の図書館で見つけました。貸し出しはできないのでまた行って読んで見たいと思っています。
この本によれば、日本とアルゼンチンの正式国交は1898年で友好通商航海条約結びました。初のアルゼンチン公使は1902年でブラジル公使の大越成徳氏の兼任だったそうです。

<リュックを前で持つ>
街を歩いているとリュックを前で持っている人が多い。ひったくり防止のためかなと思う。

<バス停で並ぶ>
バス停では意外に(失礼)皆きちんと並んでバスを待っている。ソウルなどでは結構いいかげん(長距離バスはのぞく)だったので逆にちょっと驚き。

<ミロンガ>
ミロンガに行ってきた。ミロンガとはタンゴのパーティ。生演奏をバックにおしゃれをした人たちがたくさん踊っていた。恋の予感。大人の社交場。始まりはなんと00:00でした。

<昼でもヘッドライト>
アルゼンチンでは国道を走る時は昼でもヘッドライトをつけることになっているようです。


<刺青を入れた人が多い>
アルゼンチンでは刺青を入れた人が結構多い。足や腕にワンポイントで普通にいれている。若い女性でもそれほど珍しくない。(刺青でなくタトゥーですね。)


<手動式ドアのエレベーター>
古いビルではエレベーターのドアを手動で開閉するものが少なくない。私の今住んでいるマンションもそう。最初変な感じだが今は慣れた。


アルゼンチン雑感。

<氷の形>
朝ホテルで朝食。ジュースの横に氷が置いてあるが氷がアイス・キューブではなく何故か手で砕いたようなものだった。気になる。

<両替が難しい>
空港内に両替のできる場所が一か所しかない。しかも日本円からは両替できない。

ところが街では「両替、両替(カンビオ)」と声をかけてくる人多い。不思議?

<車内で突然歌う人多し>
列車の中で移動式のマイクスタンドまで立てミニコンサートをしている人に出会ってちょっと驚いた。。

‐<ミネラルウォーターの飲み口>
飲み口が小さくなるように中蓋が付いている。これは何故?

<エアコンあまり使わない>
美術館などで天井を回る扇風機や何十年も前の古い扇風機が活躍しているところを何度かみた。タクシーもあまりつけていない。湿度がひくいからでしょうか。

<エアコンから水が。。>
道路に面した室外機からよく水が落ちてきます。水の受け皿がないみたい。誰も気にしていないようですが。

<子供が夜更かし>
これは街中のゲームセンター。午後10:00です。小さい子がたくさんいます。みなシエスタで夜は強いのかな。

<大きなゴミ箱>
これはゴミ箱です。こういった大きなゴミ箱がいたるところにあります。ゴミの分別はしないで出しているのか聞いてみたら案の定「分別なんかしてないよ〜」とのこと。

<2輪車>
こういった移動手段が街にたくさん放置してあります。サラリーマンが時々乗っているのを見ましたがどういうシステムになっているのか不思議。

<自転車の宅配便?>
こんな自転車がやたらと走っています。たぶん書類やピザのデリバリーなんかと思いますが数が多い。

<120円のワイン?>
何これ。60ペセタ?

<地下鉄C線>
これが地下鉄C線。初めて乗りました。この列車は違うけど最近まで名古屋市から寄贈された車両が走っていたとのこと。日本の地下鉄史でアルゼンチンの地下鉄は重要らしい。

<電動キックボード>
昨日お知らせしたこの乗り物は2輪車でなく電動キックボードというそうです。クレジットカードで登録し、スマホのアプリで動かし乗り捨てみたい。何か未来的。気になる。

<バスの時刻表>
これはスマホのグーグルマップの画面です。今いるところと行きたいところを示すと、そこまでのバスの料金、かかる時間、次のバスの運行情報などが出てきて便利。日本より進んでいる感じがします。バス、地下鉄一回乗って40円くらい。安いですね。

<7月9日大通り>
これが世界で一番幅が広い道路。片側8車線。幅140m。同然歩行者は一回の信号では渡りきれません。私の故郷の名古屋には100m道路がありますが、たしかにそれより広いですね。

<高額紙幣がない>
まだアルゼンチンで見たことがありませんが、たぶん1000ペソが紙幣の最高額と思います。日常的には500ペソが高額紙幣として使われます。1ペソ2円換算で1000円。なぜ高額紙幣がないのでしょうか。結構不便です。そういえば昔韓国で生活していた時にも同じことを思いました。10000wonがほぼ 1000円でした。

<レストランで予約を取らない>
10日間で3回経験したのですが、予約の電話をするとテーブルがたくさん会いているので予約の必要はありませんと言われた。そうであってもとりあえず名前を聞いて予約を受け付けるのが普通の形だと思うのですが。不思議。

<何を運ぶカゴ?>
この自転車の前カゴには一体何を入れて運ぶの。

中身を入れて走っている自転車を見つけたらまたご報告しますね。

<con gas か sin gasか>
ミネラルウォーターにはcon gas(炭酸入り)と sin gas(炭酸なし)がある。どちらかを言う必要あり。この写真はcon gas。レストランではどちらを頼む人が多いのでしょうか? 以前イタリアではcon gasと聞いたことがありますが。。

<この標識は何?>
初めて見た時何の意味かわからなかった。違法駐車取締りの係員が回ってくるのかと思ったりもしたが、地元の人に聞いたら近くに学校がありますとのことでした。

<犬が好き?>
街の至る所で犬を見かける。犬を散歩させている人はなんとなく余裕のある感じ。ブエノスに10日いるが猫はまだ見たことがない。犬の散歩をたぶん仕事としてしている人を見た。さしずめ犬の散歩アシスト業か。

<石畳の道>
ブエノス 市内には随所に古い石畳の道が残っている。これは昔 帆船の時代に欧州からアルゼンチンへの帰り船のバラストに使ったアドキン(玉石)を使ったもの。当時は囚人が敷設した。その後汽船に時代になってからはバラスト水を使ったのでアドキンはなくなった。これは亜日文化財団の高坂理事長からうかがったお話。

<宵っ張り>
夕食の始まる時間が遅い。お店の営業開始が20:00の店が結構多いのにはちょっと驚く。この店も日曜の夜撮影したが21:00ごろ満席。お客はその後もどんどん入ってきた。
たぶんシエスタと関係があるのだと思う。今の時代のシエスタ事情も知りたいものです。
街で遅い時間に親子連れだた小さな子供を見かけることも多い。

<落書きが多い>
古い街並みを歩くと塀や壁に落書きが多い。あれは持ち主公認なのだろうか。アートから単なる落書きまでいろいろある。

<日本とアルゼンチンの初めて物語>
この本面白いです。日本庭園の図書館で見つけました。貸し出しはできないのでまた行って読んで見たいと思っています。
この本によれば、日本とアルゼンチンの正式国交は1898年で友好通商航海条約結びました。初のアルゼンチン公使は1902年でブラジル公使の大越成徳氏の兼任だったそうです。

<リュックを前で持つ>
街を歩いているとリュックを前で持っている人が多い。ひったくり防止のためかなと思う。

<バス停で並ぶ>
バス停では意外に(失礼)皆きちんと並んでバスを待っている。ソウルなどでは結構いいかげん(長距離バスはのぞく)だったので逆にちょっと驚き。

<ミロンガ>
ミロンガに行ってきた。ミロンガとはタンゴのパーティ。生演奏をバックにおしゃれをした人たちがたくさん踊っていた。恋の予感。大人の社交場。始まりはなんと00:00でした。

<昼でもヘッドライト>
アルゼンチンでは国道を走る時は昼でもヘッドライトをつけることになっているようです。


<刺青を入れた人が多い>
アルゼンチンでは刺青を入れた人が結構多い。足や腕にワンポイントで普通にいれている。若い女性でもそれほど珍しくない。(刺青でなくタトゥーですね。)


<手動式ドアのエレベーター>
古いビルではエレベーターのドアを手動で開閉するものが少なくない。私の今住んでいるマンションもそう。最初変な感じだが今は慣れた。


<両替所のレート>
コロニア・デル・サクラメントの両替所で見たレート表。2行目のアルゼンチンに注目。売り買いが0.30と0.90で3倍の開き。だれもアルゼンチンペソは持ちたくないということですね。

<Privacy>
 Don't disturbが普通。
Shhhhh! 表示は初めて見たけど意味はよくわかる。


<運転席と客席で仕切りのあるタクシー>
話に聞いて知っていたが実際に乗るのは初めて。この写真では分かりにくいが金銭のやりとりは真ん中にそれをする口がある。


<公園で見たブランコ>
大人の胸のあたりの高さにブランコがある。子供の足はもともと地面には着かない。